RSS

カテゴリー別アーカイブ: AZIATIX

Eddieになる方法

ついにAZIATIXのカテゴリ作っちゃったよ…(ーー;)
いつも行ってる美容室で、大抵私の担当してくれる方の前でお仕事をされる美容師さんなんですが、

裸眼(0.1以下)で見るとEddieにしか見えません!

前から気にはね、なってたんです彼、ロッチの中岡さんに似てると。
以前ここでもEddieと中岡氏は髪型のみ似てる、という話をしましたが、それを証明してくれるのが彼ですね。
体型は割とゴツゴツしていて、正にEddieです。後ろ姿なんてそのまんまeddie…。
だから私、ワザとコンタクトしないで行って、カットしてもらってる間は目の前にエディがいる気分を味わうのが密かな楽しみとなっております。
で、試しに担当の美容師さんに聞いてみたんです「あの人(擬似Eddieさん)くらいの髪の長さにするには、私はどれくらいカットをガマンすればいいですかね?」と。
きっと半年くらい…みたいな返事が帰ってくるのを期待したんですが、なんと「2年」とのこと!
ちょ!なんで!?
「benさん前髪は長いけど、後ろ刈り上げてますから、そんなに甘くないですよ~」と一笑される始末…。
むう、Eddieへの道は遠いのです_| ̄|○;;

 
コメントする

投稿者: : 07/30/2012 投稿先 AZIATIX

 

AZIATIXってさ

今度のアルバム、 Universalから出したんだね。
NocturnalはManhattanから出してたから(Komoriさん関係だから?)、これは移籍ってこと?
だってアメリカではもともとUniversal所属じゃなかったっけ?ねえ、ガガ様と一緒。
あれ?Manhattanってインディーズだっけ?
あんまり最近固形物で音源入手することないんで、レコード会社を意識することがなくなったんですわ。itunesで買えれば「ああ、ソニーじゃないんだ」くらいで(笑)
ま、いっか。avexじゃなかったので私的には大歓迎(笑)
それより私はサンフランシスコのライブで買ったCDのライナーに誤植というより乱丁があるのを何とかしてほしいのだけど、あのCD発売元がはっきりしなくて、問い合わせのしようがないことにがっかりしまくる毎日です。
DSCN0503.jpg
↑本来なら「Eddie Shin’s Special Thanks:」となっているべきエディの写真の横が「Nicky Lee’s Special Thanks:」になってる。
ええ、もちろんニッキーのページの隣にも「Nicky Lee’s Special Thanks:」ってありますからね。同じページ2つあるの。ニッキーファンにはたまらないのか、やっぱり(笑)
そう言えばこないだ一生懸命記憶を辿りながら上げたサンフランシスコのライブレポ、なんかYoutubeに鮮明な映像が上がってるやん…こーいうの「Fan Cam」って言うんだね。初めて知ったよ(-“-)
ちょっとがっかり?いやいやいや、もう1回あの時の瞬間に帰れる気がしてそれはそれですごく嬉しいんだ!
次のツアーは「新しいアルバムが出たら(Meet&Greetの時のFlowsik談。当日仲良くなった女性が聞いてくれたこと)」だそうなので、日本にも来るかな?
全然関係ないけど、Steavie Hoangが今年の音霊に出る(7/15)んですが、まさか便乗とかしないよね~??もうLineupに空きがなさそうなので大丈夫よねぇ!?

 
コメントする

投稿者: : 05/13/2012 投稿先 AZIATIX

 

ニッキー先生に聞いてみよう~Meet&Greetにて~ AZIATIX @ Cafe Du Nord, SFその2

そして以前から気になっていたヨガ何たらの話。客席でお友達は作れなかったので、本人に聞いてみることにしました。
今回のツアーではMeet&Greetと言って、公演終了後にサインをもらったり、握手したりする機会があります。某SNSで、各会場の参加者が既定の人数を越えた会場のみ、という条件付きだったような気がしますが、実際はすべての会場で行っているようです。行列はキライだけど、折角なので並んでみよう!
DSCN0064_20120429132733.jpg
↑これはもう終わりの方。最初はもっとごった返してた。
取り敢えず、CDかグッズを買わないといけない雰囲気だったので、クルマ用にCDを購入。10ドル也。他には2ドルのポスターが人気でしたね。3人別々にサインしてくれるから、3人別々に写真があると見栄えがします(´∀`)
どこが列の先頭かもうよくわかんないので、並ぶ、というかそのまま流れに乗りました。
スタッフから「写真禁止ね~!!」の約束事を言い渡され、いよいよお三方登場。
向かって右からニッキー、エディ、FLOWSIKの順に座ります。列はニッキー側からスタート。うーん、ここでもちろん聞く相手はニッキー先生でしょう(笑)
私「あのう、質問があるんですが」
二「ハァ?」
私「いえ、ですからその…質問なんですが…」
二「あ、うん。何?」
私「よくみんなが『Yoga Fire』とか『Yoga Flame』って言ってますが、あれって何ですか?」
二「ああ、あれね。ゲーム知ってる?ストリートファイター。」
私「えっ!?」

結局HIPHOP用語でも何でもねえじゃねえか(#`皿´)
なんかスゴく考えたのになあ…でもrikacoさん、正解ですぜ(´∀`)
二「あの技でね、○×※~@*◆☆(ここ大事なのに聞き取れてない)パワーとか、そーいう時に言ってんの。OK?」
私「OKOK!今日のショーはすごく良かったです!」


…全然OKじゃねぇし_| ̄|○;;

大事なところが一切聞き取れていない自分の英語力に今更がっかり…。
何より、ニッキー先生が一生懸命説明してくれてるのに、わからなくてもおーけーおーけーしてしまった自分が情けない。
もう一度聞きたくてもこの長蛇の列ではどうしようもありません。
国際的にへたれとなった私を誰か詰って下さい・゚・(ノД`;)・゚・
で、こないだブログで悩んだ

(Aziatix 1/25のブログより)
We’ll keep spreading the Ganji Fire if you keep bringing the Yoga Flame!! GYEAA!
(これからもYoga Flameを燃やし続けてくれたら、俺たちもGanji Fireを撒き散らしていくよ!)

ですが、なんかニッキー先生はパワーだ何だと仰っていたので、もうこうやって解釈することにしました。
「これからもみんなの応援に応えていくからね!」
これだけのことじゃないか…(-“-)
なんか煮え切らない思いを胸に会場を一旦は後にし駅に向かったのですが、そう言えば会場の外観を撮ってなかったな、というのを思い出したので、踵を返しCafe Du Nordへ向かいます。
すると、入り口でアジア系の女性に声をかけられました。ほぼ手ぶらでCDをむき出しで持っていた私を見て「サインもらったんですか??」と。
上品なメイク(アメリカでのアジア系の国籍?の見分け方は、女性:メイク、男性:髪型+メガネ。これでほぼ間違いなく会話をする前に国籍を当てる自信があります(笑))と話し方に、もしや日本人では?と思った私、「日本の方ですか?(今思えば何て失礼な質問なんだ(-_-))」と聞いてみたら、日本語で返して下さいました。
彼女も「サインをもらう」ということで、一緒に再入場。入場のときちょっと仲良くなった箱のスタッフさんに「新しい友達ゲットしてん!」と話しながら、階段を下りていきます。
まだまだ列は続いていて、いやーすごいなあ、と実感。でもさっきの混沌とした状態よりはスムーズに進んでいるようで、カウンター席で彼女を待ちます。
全員のMeet&Greetが終わったところで、3人が退場。ニッキーはそこらにいた皆さんにハグのサービス付きで控室に戻って行きました…。私は彼の懐に飛び込めず…あああ、羨ましい(/_;)
ところで、座ってた時は気付かなかったけど、Eddieでかっ!
とにかくデカイ!そして何なのあの広背筋!前から見たときと全然違う!後ろから見たらタダのごっついオトコですよ、ええヾ(;゚∀゚;)ノ
会場を出た私は興奮冷めやらぬまま、彼女と隣のバーへ行き反省会。翌日お仕事、という彼女でしたがどーしようもない話に数時間、お付き合いいただきました。
DSCN0065.jpg
ミュンヘンのパウラナーをハーフでゆるゆる。非常にフルーティでステキなテイストのビールでした。
現地在住のこの女性、JYJがプッシュしてたのを見てAZIATIXに興味を持たれたそうです。
「折角日本から来たんだから『日本から来たの』ってことをアピールすべきでしょう!」って言われて、あーそうだよなぁ、多分一番交通費かけて来てるの私だよなあ、とちょっと反省(笑)
でも何だか幸せなことですよね。こうやってお友達ができて、時間を共有できて。だって、一旦Cafe Du Nordに戻らなかったらこうやって話すこともなかったワケですから。
もしかすると、今回のショーで手に入れたふわふわ感、というか夢心地は、新しいお友達といきなり時間を共有させていただいたことに起因しているのかもしれません。
DSCF1028.jpg
ホテルに戻ったのは深夜1時を過ぎていました。はい、今日の思い出↑
あっ、今思い出したよ。ニッキー先生、

Yoga Fireはいいけど、Ganji Fireって何なのさヾ(;゚∀゚;)ノ

再入場したときにもう一回並んで聞けばよかったよ~。

 
コメントする

投稿者: : 03/30/2012 投稿先 AZIATIX

 

AZIATIX @ Cafe Du Nord, San Franciscoその1

勢いもあって、見に行ってきました。
昼間に行った通販で有名なベアミネラルの店、店員さんが全員Katy Perryみたいなメークだったので笑えた。何なのこのデフォ。

<ちなみに>
ここから当日の状況を書きますが、筆者は過去に氣志團等に参戦していたため、あまり盲目的な愛情あふれるレポが書けません。むしろ変態目線です。また、駐在で見につけた英語もかなりいい加減です。自分の都合のいいようにしか解釈していませんので、それでもよろしければこの先へお進み下さい。あとメモを取ってたわけじゃないので、MCの内容や順番もかなりいい加減ですよう(笑)

今回の箱、Cafe Du NordはダウンタウンのMarket st.沿い、ちょっとだけ治安の悪いところにあります。
ただし、中心部からはmuniメトロでも行けるので、アクセスは難しくありません。
帰りがコワいですけどね。
muniメトロは2輌編成のちっちゃい電車。
DSCF9068.jpg
ラッシュ時は次の電車が、すぐ見えるところでつっかえて待ってます。
メトロの中でちょっと小ぎれいな恰好したアジア系女子を見つけたら、同胞でした。
DSCF9069.jpg
muniメトロchurch駅を出たらSafewayを背にして歩くことほんの数分…
DSCF9072.jpg
ネオンがあやしく光る会場に到着です。
DSCN0061.jpg
入り口でリストバンドとスタンプをもらい、ネットで予約した時の予約票とID(今回は18歳以上のみ入場OK)を見せます。
名前を確認するだけで、チケットの原本みたいのはもらえません。
「ねえ、何かないの?チケみたいのないの?」って聞いたら「名前確認したから大丈夫」ってそれでいいんかい!(笑)
階段を下りると小さなステージを擁した会場。ホント、狭い。こんな狭い箱、久しぶりに来ました。
DSCF9073.jpg
ドリンクは別料金なので、ラムコーク6ドルを煽ります。
このラムコーク、ラムが多すぎで1杯目でかなりキキました。
DSCF9074_20120422155335.jpg
客層は殆どアジア系。ベイエリアにはアジア系のコミュニティが多数あるので頷ける状況ではありますが、それにしてもアジア系多いな~、と。思わず日本語で話しかけちゃいそうな雰囲気。
男女比は7割くらい女性。基本的にボーイズは必ず4・5人のグループで来ているのがおもしろかったです。あとゲイのカップルも来てましたね。
いい気分で8PM、オンタイムでDJ Twin Spin氏登場。
DSCN0039.jpg
えっ!温水さん!?
実は当日出演予定だった、というか今回AZIATIXに帯同してるRUSSELL W.H氏が、SF公演以後出演しないことになってしまい、つまりこのDJ温水氏は急のオファーに応じてくれたと思われる、とてもイイ人なのですきっと。
どうしたラッセル、ケンカでもしたんか?
DJとして20年以上のキャリアを持ち、地元SFのFMでパーソナリティとしても平日夕方にレギュラーを持っているという温水さん、選曲は堅実なアゲtunesを持ってきます。
そんな中、1時間くらいしてLMFAOがかかったので、ああもう終わりかな…って思ったら、この温水氏、その後30分近くも回し続けたんですね。つまり、温水さん一人で90分ゴシゴシ回してくれたわけですよ。オーディエンスも心なしか飽きてきた模様。
もう最後の方はスタッフがホール後方のPAブースから懐中電灯でステージ上の温水氏に「終わりにして~」というサインを送ってて、何だかおかしかったです。
ここまでが前座のDJ Twin Spin氏のパフォーマンス。ね、長いでしょ?
だから本編は今更ですが追記にします。スキで追記にしたんじゃありませんえ。ちなみに、この日のパフォーマンス、ぬっく90分、AZIATIX1時間弱…。ハハハハハ(-_-;)

Read the rest of this entry »

 
コメントする

投稿者: : 03/30/2012 投稿先 AZIATIX

 

Yoga Flame とか Ganji Fireとか

よくAziatixのコメントに出てくる言葉”Yoga Flame”と”Ganji Fire”。

(Aziatix 1/25のブログより)
We’ll keep spreading the Ganji Fire if you keep bringing the Yoga Flame!! GYEAA!
(これからもYoga Flameを燃やし続けてくれたら、俺たちもGanji Fireを撒き散らしていくよ!)

一体何なん??(-“-)??最後の「GYEAA!」はきっと叫んでるんだと見做す。
なんかコレ、意味がわかると楽しさ倍増なのかもしれないけど、さっぱりわかりませんよ。
きっとHip Hop業界(笑)の言葉なんだろうか?あーこないだのUstreamのライブチャットで聞いてみればよかった。
“A game”という曲の中には”Yoga Fire”っていうフローもあるので、FlameとFireは同義なんだろうね。まあ名詞にするとどちらも「炎」みたくなるけど、Flameには「情熱」みたいないい意味を持っているのに対して、Fireだと「苦悩」とか「試練」という、苦しみのような意味を含みます。でもココでいう2語は難しく考えず、取りあえず同義決定。
(1)愛用の辞書サイトで“Yoga Flame”って打ったら“Female Yoga ティーチャー”って出てきた。
「女性のヨガの先生」は求めていません!Ψ(`Д´)Ψ
(2)一方のGanji Fireってなんなんだよう?と思っていろんな辞書で片っ端から調べてみた。そしたらね、ヒットしたのGanjiが。しかもなんと中国語!Σ(・ω・ノ)ノ!!
中国語で”感激”をGanjiと読むのだそう(ピンイン不明)。
∴(1)、(2)より、前述のブログの一文はこう解釈することにしました。
「これからもヨガへの情熱を燃やし続けてくれたら、俺たちも感激の炎を撒き散らしていくよ!ぎゃおう!」
…絶対違うってば_| ̄|○;;カラダには良さそうだけど…
よくわかんないので、ライブに行ったら周りの人に聞いてみようと思います。あ、いちお行くつもりなんですよサンフランシスコの。休みが取れそうなのとマイルがあるので使いきっちゃおう、と。SFだったら知ってる街なので、ちょっとした休みでコンパクトに動き回るにはぴったりだと勝手に思う。あっ、
べっ、別にAZIATIXのために行くんじゃないんだからっ!ヾ(`Д´;)ノ(←ツンデレ風)

 
2件のコメント

投稿者: : 02/25/2012 投稿先 AZIATIX

 

久々に落ちた~Aziatix~

アメリカ横断を終えてもなお、結局あの国への愛情は薄まることがなかったのですが、まあ踏ん切りはついたと思います、ある程度。
ところで、最近ふとしたことで耳にしたAZIATIXというグループ、これにハマりました。
アメリカのサイトから得た情報だったのでてっきりアメリカのグループだと思ってたら、日本でのカテゴリとしてはK-popになるんだとか。ん??
メンバーは全員Korean Americanだそうで、でも一人は台湾で活動してるシンガー。しかもインタビューでは中国語話してる…待て!待て!どこかで情報が混在しているぞ。
まあ、いっか…。きっとAsian Americanって認識でいいんだろう。
とりあえず2vocals+1MCの3人組。顔は我々と同じだけど全曲英語。よくわかんないけど、いずれにしてもルーツは我々のご近所のよう。
昔何かの音楽評論で見た「高音の男性シンガーは売れる」という条件を痛いくらい満たしているグループ。先月日本でデビューしたようで、来日もしてたそうな。うーん、全然気付かなかった(´・ω・`)
で、特筆すべきはPVのおもしろさ。
彼らの良さって言うんでしょうか、単純に「アジア人が外国人の真似してんじゃないんだ。俺らアジア人だぜ!」的な雰囲気が漂います(笑)
2つほど挙げておきますので、よかったらどうぞ。

“Nothing Compare to you”
最初タイトルを見た時は坊主頭のお姉さんのカバーかと思ったら違いました。
日本でのプロモーション風景がたくさん出てます。Verseの”A moment….”の前に「まいけるじゃくそん」っぽいFakeが入っているのがツボです。きっと影響受けてるんだろうなあ。いーひっ!

“slippin’ Away”
メイキングも見るとさらに面白さ倍増なんですが、美しいビデオです。
歌詞通り、自分の手をすり抜けて去って行ってしまうものへの思いと切なさが表現されていて、とってもステキなメロウチューンなのです
が!
このPVの最後にボーカルのEddieが水中に沈んでいくと、シャツの裾あたりから泡に紛れて何か黒い物体が浮いていきます。それが気になってしょーがない。水中に落ちるシーンは何テイクも撮っているはずなのに、なぜ敢えてコレ!?
ちなみに、個人的な推しメン(何この言い方)はもちろんEddie、ロン毛のエディー。保阪尚樹も江口洋介も結局もちゃもロン毛だからスキだった。ショートヘアの私のないものねだりですが何か?
でもいくらロン毛好きでもロッチ中岡氏にはあまり興味がありません。後姿だけだったら似てるかもしれないけど、ちょっとなぁ(-_-)

 
2件のコメント

投稿者: : 02/05/2012 投稿先 AZIATIX