RSS

カテゴリー別アーカイブ: 一人旅:台湾

今行きたい旅

3月にSan Franciscoに行きましたが、複数で行けたのはいいけどやはり自由度という点では不完全燃焼だったんですよね。

で、今考えてる旅。資金的に行けるかどうかは別にして…。

1.羽田からピーチで台湾日帰り旅

これね、前から興味があったんですけど、ちょっと行けなくて。

朝5時半の便で羽田を経って、帰りは21時前に台北発。
今ならセールで往復税込12000円ってんですから奥さん、京都片道より安いでんがな。
え、向こうで何するか、って?決まってんでしょ、

縁結び祈願のみ!

2.JALのマイレージサービス、JMBサファイヤの修行。

今年はSFに1往復したので、JMBランクの元になるFOPなるものが初回搭乗ボーナスと合わせて1万ほどあります。デルタなら楽天でお買い物したマイルもランクの元ネタにしてもらえたような気もするんですけど(違いましたっけ?)何れにしてもJALはそういうとこキビシイですよね。
で、残り4万FOPを今年中に貯めれば、JMBランクがサファイヤになります。ただこのサファイヤクラスになるのが目的ではなくて、サファイヤクラス以上で入会できる「JAL Global Club(以下JGC)」というものに入るのが目的です。
これに入ると専用のクレジットカードを作れるのですが、ここからがステキなところ。
このJGCはクレジットカードの年会費を払い続ける以上は会員資格が維持され、優先搭乗はもちろん専用セキュリティレーンやラウンジの利用など、JMBサファイヤとほぼ同じ優遇サービスが受けられるそうです。
残り約半年での5万到達は少々キビシイような気もするのですが、何だかやってみたい気がします。
まずは手始めに、修行者がたどる「OKA(那覇)ーSIN(シンガポール)ルート」なるものにトライしてみようかと。なんでも「羽田から那覇に行って那覇からシンガポールの直行便はないから必然的に那覇ー羽田・成田ーシンガポールの往復になって、那覇に戻ってきたらまた羽田に帰ってくる」というもの。単純計算で6フライト、14000FOPになるそうです。
これを今年中に3回ですか…マジか( ;´Д`)、


7月の後半になれば少し時間もできるので、今年の後半の旅はこんなカンジで攻めてみる…かも!

 

台湾で買ったトラベルジャーナル

そう言えば台湾で狂ったように買ってしまったモノに旅行記用のノートがあります。
CIMG0046.jpg
旅行に向けて買ったるるぶに「誠品書店」という、本と雑貨と衣料品のテーマパークみたいなところ(要はでっかい本屋)が載ってて、もうね、ここ雑貨好きにはたまらない、というか1日いても飽きない自信がある!それくらいステキな場所なんですが、そこの取り扱い商品に「旅の記録ノートあり。デザイン豊富!」と紹介されていたので、すごく楽しみにしてたんです。
もう私、今まで旅行記ノートって何冊買ったかわかんないです。とにかく毎回の旅行に行くたびに何らかの記録用ノートを持って行くんですが、最初は頑張って書くけど旅が終わりになるにつれてグダグダになっていって、最後まできっちり書けた試しがない。
だったら自分でまとめやすいノートでも作ればいいんだけど、それもめんどくさくて。結局自分がものぐさで、記録とかきっちりまとめられない性分だから、どんなノート使ってもダメなんだろうな、と。
ちなみに、今まで買った中で個人的にお気に入りな旅行記ノートはコレ↓

トラベルノート ネイビー HAN-85 トラベルノート ネイビー HAN-85

不明

商品詳細を見る

閑話休題。
で、旅行記ノートはノート売り場、というより、日記コーナーに近いカンジのところにホント、いろんな種類がありました。
写真に奥にある茶色のゴムバンド付きのは300元くらいですから、あれ?900円近くもする!?買った時は嬉しくて気にならなかったけど、今思えば高いなぁ(ーー;)
ピンクっぽいパックに入ったものは200元、水色のは誠品じゃなくて駅地下のソニプラみたいな店で120元でした。結果的には水色のが一番安いのに表紙もしっかりしていて、一番いいんじゃないか、と(ノ∀`)
少なくとも4冊、こんなに買ってどーすんだ?って話もあるんですが、その分たくさん旅行しろ、ってことかもしれませんね。と自分を甘やかしてみることにします(*^_^*)

 
コメントする

投稿者: : 11/25/2012 投稿先 一人旅:台湾

 

台北で変身~森公美子になりました…~ 2012台湾 その5

今回は自分で撮れないから写真少なめです。
台湾のガイドブックを買うと必ず載ってる「変身写真」。
そんなに変身できるんならやってやろうじゃないの!と思って市内にある観光情報局「台北ナビ」(←このサイトはホテルのレビューなんかも載ってて、台北に行く時は必見のサイトだと思います)に行きあれこれ悩んだ結果Magic・Sを選んで予約してもらいました。ナビオフィスからの予約手数料は無料ですが、ネットがあるなら自分で予約してもよかったかも。先方も日本語ができますしね。
RIMG0997.jpg
ホテルを出たところ。外はまだまだ台風だぜぇ、ワイルドだろぉ?
予約は10時から。到着すると日本語のできるスタッフさん(すっげー小顔。すっげースタイル良くてマニッシュなお洋服がとってもよく似合ってます。「日本語は大学で4年間勉強しただけです」とおっしゃるのですが、とても流暢でこちらが恐縮してしまうほど!)が受付して下さいます。
写真の受け取り方法やアルバムの仕上げ方法(製本かファイルか)を選び、お支払い。今回は2スタイル+厳選(笑)12カットの入ったCD-ROM+12枚入りアルバム(2リングファイルのstandardなモノ。恥ずかしくなったら年賀状ファイルとして使おう(ーー;))+私の写真が表紙になったメモパッド(どう使えと?)+日本までの送料で5800元だったかな?
「時間が4-5時間かかるんですが、食事とか大丈夫ですか?」とお気遣いも嬉しいです。まあ1食くらい抜いたほうが自分はいいんだと思います体系的に・゚・(ノД`;)・゚・
支払いが終わるといよいよ撮影です。荷物をロッカーに預け、6冊以上あるアルバムから衣装とメークの希望を選んで伝えます。これね、結構迷うんですよ。たくさんあるから。でもスタッフさんの「ゆっくり選んでいいんですよ~」のコトバに甘えて小一時間悩ませていただきました。
男装&ゴスっぽいメイク+露出の少ない(でぶだもん)黒ドレスの2つを選んだら早速メークに。まずは男装用メーク。メークさんは日本語ができませんが、その間も日本語のできるスタッフさんがそばにいてくれるので心強いです。緊張して顔に力が入ってしまったので「メークできないから力抜いて~」って注意されちゃいましたが(笑)。
次に衣装です。男装用のスーツは数が限られていますので、あまり選べる状態ではないのですが、それでもラインストーンがついたスーツをチョイス。まあそのラインストーンってのがところどころ取れてて苦笑い。靴も男性用なのでかなり大きめ。歩くとぱかぱか言う(笑)で、頼んでないけど頭にタマネギみたいなかつらを乗せられて、鏡を見たらそこにはスーパーサイヤ人がいました_| ̄|○;;えーっ、Eddieみたいなロン毛がよかったのに~(/_;)
「ロン毛希望」って伝えればいいモノを、なぜかその時にはそんなことが思い浮かばず、そのままスタジオへ。中にはサンプル写真にあるようなセットが6か所くらい、いやもっとか?同じ部屋に干渉しないように配置されていました。ウマくできてます(´∀`)
そうそう、ここからは日本語のできるスタッフさんと別れて、ちょっとだけ日本語ができるカメラマンさんと2人でのコミュニケーションです。でも、このカメラマンさん、面白かったですよ。
顎を引いてしまう私に「アゴ引かないで~!二重あごスキ~??」って。スキじゃないってばヾ(`Д´)ゞ
最終的に手元に届くのは各スタイルで6枚だけですが、結構な枚数を取ります。最後の方には「じゃあチャレンジね。自分でポーズ考えて~」って言われて、よくわかんないままテキトーにポーズを取ります。なぜか鳥かご持ち上げて撮ってみたけど(笑)
さあお色直し、次は黒ゴスに変身です。
ブラ取ってチューブトップ着けて、お洋服に入らない部分はウマいことピンで留めて調整してくれます。自分かなりデブですが、よくここまで調整してくれるなぁ、と感動すら覚えました。
さっきのタマネギが取られて、今度は自身の過去最高の長さである幼稚園の時のロングヘアより長いかつらを装着。メークもさらに盛られてツケマも倍付け(笑)最早別人です。これ何かあったら遺影にしてね、お母さん。
カメラマンさんが前の方を撮ってる、ってことで、少し待たされます。その間自分のケータイやカメラでスタッフさんに写真を撮ってくれるんですが、まーあこれ、後で見たらまんま森久美子ですよ。すげーなー森久美子ってテレビ出るのにこんなに盛ってんだ~、とこれまた感動丶(´Д`;)ノ
そしてスタジオへ。今回の履物は底の高さが10センチ以上あるヒール付き厚底ブーツ。これまた私史上最高最厚。まあいつかねん挫するんじゃないかとヒヤヒヤしながら、青コーナーより入場ですどすこいヾ(;゚∀゚;)ノ
こちらはさっきのスーツよりは楽に撮ってもらえました。スタジオの床に寝ながら撮ってもらったカットもあるんですが、あれ?そう言えば横になったカットはCD-ROMに入ってなかったな…もしや発禁?(ーー;)
撮影が終わるとまずスタッフさんから付けまつ毛を没収されます。その後衣装を取り、メークを落とし…もとの私に戻ってしまいました。なんか不思議な違和感。
RIMG1009.jpg
ビルを出たところで見かけた牛乳びん入れにちょっとほっとする。


その後。

Read the rest of this entry »

 
コメントする

投稿者: : 10/01/2012 投稿先 一人旅:台湾

 

台北-高雄 台湾高速鉄道搭乗記 2012台湾その4

数年前の語学研修で知り合った台湾人がいるんですが、台北から「台湾高速鉄道」所謂新幹線に乗って2時間、高雄在住の彼女に会うべく行ってまいりました。
RIMG0816.jpg
10時半の新幹線に乗るのに、ホテル出たのが10時ヾ(;゚∀゚;)ノ
間に合わない!と思って地下鉄の台北駅から新幹線の駅まで走りました。でも思いの外近くてびっくり。
切符売り場の空席表示は日本とそっくり。
RIMG0817.jpg
無事に10時半の新幹線に乗れました。

Read the rest of this entry »

 
コメントする

投稿者: : 09/30/2012 投稿先 一人旅:台湾

 

The Landis Taipei ホテルランディス滞在記 2012台湾旅行記その3

今回の宿泊はExpediaで手配しました。
ここ、クレジットカードとか会社の福利厚生とかで割引があるので結構な利用頻度です。個人旅行の時は大抵Expediaを利用してます
今回、台北で1週間滞在したのは、行天宮にほど近いホテルランディスです。
【ココにした理由】
・室内でのWi-Fiが無料(アジアのホテルって、ステキなホテルほどネット別料金取りますよねぇ)。
・取りあえずExpediaTrip Adviserでの評判がいい。
・なのに割とお手頃な値段。
・MRTの駅にそこそこ近い(「蘆洲線『中山國小』駅から徒歩5分、とオフィシャルにはありますが、ただ実際は途中で大きな通りを渡らなければいけないので、ぽたぽた歩くと10分くらいかかる(注:筆者歩くのトロい(ーー;)))。
ほとんどホテルの部屋にはいなかったので、寝るだけのためにしては少し高いかな、とも思ったんですが、飛行機もビジネスクラスだし…ということで、ちょっと奮発してみました。


RIMG1204.jpg
エントランスを行天宮側から。雰囲気のある制服を着たドアマンさんがドアをスッと開けてくれます。
隣はマクド、道路を挟んで向かいは巨大足つぼマッサージ屋さん。セブンイレブンもあって何かと便利。
遅くなっても目の前の通りが明るく人の往来もあったので、その点では一人旅に向いていました。
RIMG0713.jpg
お部屋はキングベッドにソファが置かれています。
2人で行っても、結構広々使えるんじゃないかというくらいの広さ。
RIMG0704.jpg
デスクエリアもあります。
RIMG0706.jpg
デスクエリアの後ろにはウェルカムフルーツとComplimentaryのミネラルウォーターが1日2本。
たまに補充し忘れもあるんだけどね(^_^;)
RIMG0711.jpg
テレビは液晶タイプ。当然ですね(^^)
RIMG0710.jpg
テレビの両サイドにはカップボードが設えてあって、お茶セット、ポット、グラスなどがキレイに納められています。
続いてバスルームを…。

Read the rest of this entry »

 
1件のコメント

投稿者: : 09/17/2012 投稿先 一人旅:台湾

 

桃園空港からホテルへ~2012台湾旅行記その2~

台北桃園空港に到着です。
RIMG0684.jpg
イミグレに向かう通路にウォーターサーバーがあるんです。
これ、帰国の時には行列ができてて、旅行者の皆さんペットボトルにお水詰めてました(^^)
RIMG0685.jpg
デルタは「達美(たーめい)」って書くんですね。
夜遅いですが、いろんなとこからの便が到着しています。
RIMG0687.jpg
エアコンでお馴染み、DAIKINの広告。台湾でもポピュラーなんでしょうか。
テレビでも「ニッポンイチバン、ダーイキン!」って歌うCMをよく見ました。
昔あった「ダイキンエアコン、マルーチー♪」っていう歌と言い、DAIKINって結構CMソング作るの、ウマいかも(´∀`)
RIMG0688.jpg
ロビーに出てきました。
ここからバスで市内に向かいます。バス乗り場が空港の裏手にあるので、ちょっと不便(ーー;)
探すのが大変でした。

Read the rest of this entry »

 
コメントする

投稿者: : 09/09/2012 投稿先 一人旅:台湾

 

もう一度台湾に行きたい…でも必要なくなりました。

台湾のお茶ショップ「天仁茗茶」でこんなものを買いました。
RIMG0801_pot.jpg
この水筒、すごく良くて。
1)お茶が常にボトルの下にあるので、まんべんなくキレイなお茶が出る。
2)上と底が開くけど、全然漏れない。
3)温冷どちらもOK。
ってことで、550元≒1500円くらい?ぷらっちっく(と言っては失礼か、ポリカーボネートだし)の水筒にしては高いのだけど、いいモノ買ったような気がしてました。
で、帰りの空港でこれよりもう一回り大きなサイズのものを見かけたんですが、全然買おうと思わなくて。でもいざ帰って使ってみたらあまりの良さに、あああ、大きいサイズのを買っておくんだった!と初めて思ったわけです。で、ネットでパッケージにあった商品名「随意杯」で調べてみるも、全然ヒットせず。amazonでもgoogleでも、全然ダメ。
ああ、これはやはり台湾にもう一度行って買うしかないのか…と思っていたところ今日、ようやく見つけました、しかも既にトライしていたamazonでヾ(;゚∀゚;)ノ

茶漉し付きエコボトル(Travel Buddy) 特大サイズ 茶漉し付きエコボトル(Travel Buddy) 特大サイズ
()
Piao I Enterprise Co., Ltd.

商品詳細を見る

どうやらこれは「随意杯」ではなく商品名「行動拍檔 Travel Buddy」というもので、飄逸實業有限公司という会社が開発した商品(じゃあ天仁のはコピーってことかなぁ??)。国内外で特許を取り、多くのプロダクトデザイン賞を受賞している優れモノ。日本にも湘南に輸入元があるようです。
というわけで、実はこの水筒と、すごく美味しかったのにケチって1缶しか買わなかった烏龍茶「茶王」シリーズ(向うで買ったら1800円、こっちで買ったら5000円!!)を求めて来週末もう一度台湾に行くつもりでガイドブックまで買ったのですが(2泊3日で国内旅行するより費用は安い…)、なんかこの水筒が手に入った時点でちょっと萎えました。
小龍包は冷凍食品ので我慢できるし、鼎泰豊は新宿にもあるし、茶王は割高だけど中華街で買えそうだし…と何だか旅好きの割に情けないことを言ってますが、まあそんな時もあるのかもしれない、と思うことにします。

 
コメントする

投稿者: : 08/24/2012 投稿先 一人旅:台湾

 

帰国しましたなう

台湾、良かったっすo(^▽^)o
途中、更新しますとか言っときながら全然できませんでした(笑)
いちおですね、やろうと思ってたことは一通りできたので満足です。ただ、やはり中国語ができた方が絶対いい、と思いました。会話集に何度助けられたことか…。
過去の歴史の関係で、年配の方が日本語を話せたり、観光客相手の店だと日本語できる方が大抵いたり。ホテルに戻れば英語が通じるし、でコミュニケーションに困ることはほぼなかったのですが、なんだかその環境に甘えてるカンジがして、すごく申し訳ない気持ちになりました。
そういえば英語圏じゃないところに行くのは初めてだったかもしれません。それでもやっぱり、行く国に対するリスペクトが足りなかった、と反省しています。
余談ですが、今回やたらと街で道を聞かれました(話しかけられた内容は全くわからないのですが、多分道を聞かれているのだろう、と)。よっぽど地元の人っぽいオーラが出ていたんでしょうかね(^_^;)
今度行く時はもうちょっと言葉の準備をして行こうと思いました( ̄^ ̄)ゞ

史上最大?の台風「スーラー(タンメンではない)」のお陰で、予定はかなり狂ってしまいましたが。

 
コメントする

投稿者: : 08/05/2012 投稿先 一人旅:台湾

 

そう、恒例の深夜パッキング

さて、明日の夜から台湾ですよ。
えーと、空港に着いたらどうしたらいいのかな。
毎度毎度の無計画旅行。
よくわからないまま、スーツケースだけは出しました。
ああ、カラダがべたべたする(ーー;)

 
2件のコメント

投稿者: : 07/30/2012 投稿先 一人旅:台湾