汗かきにはつらい季節がまだ続きます

試合「前」の準備をしていると,ぶうぶう尋常じゃない量の汗をかくため,たいてい
「あれ,もう試合終わったの?」と言われることの多いべんぞうですこんばんは。

シンガポールはホント楽しかったです。
何よりビジネスクラスに乗れたのが嬉しかったし,ホテルもまあまあ
(でも次に同じ条件で行くなら,もうあのホテルは使わないと思う)。
心配していたストリートチルドレンごっこも,何とか無事に終えることができました。
ナイトサファリに行って時間をつぶしてみたんですが,これが思いの外ヒット。
お子さん連れで旅行される方にオススメかもしれません。
しかし,バカなガキ元気なお子様の管理はしっかりとお願いします。

そして旅行記ですが,珍しく帰ってすぐに着手いたしました。
間もなくちょっぴりずつ公開できるかと。こんなこともあるもんですな。

さて,そんな旅行を終え,社会復帰をしたわけですが,遊んでいた分仕事が進まなくなり,
毎日,実際どこまで終わらせて帰ればいいのかすらわからない状況で1週間を過ごし,
そして明日から広島出張となっておりますが,一緒に行くはずだった先輩が
急遽「尿管結石」とやらでリタイヤ。
急だったので代打が打てず,1人で「はじめてのおつかい」状態。
向こうでよい子にしていられるか,少々心配であります。
シンガポールの荷物も片付いてないし,なんか浮ついてるカンジの今日この頃です。

間もなく失脚します

楽しかったお姫様旅行も明日で終わりです。

このあと午後3時になると、チェックアウトの領収書と引き換えに魔法が解けます。
明日のAM3時にならないと空港のラウンジに入れないので、
それまでストリート”チルドレン”(?)として街を徘徊しなければなりません。

しかし、24時間営業、っていうかここは完全夜型の街シンガポール
深夜までのお楽しみだって事欠きません。
午前0時閉園の動物園とか、24時間やってる屋台とか。
これが金、土曜の夜だったらもっと楽チンです。
映画だって「2時からの回にしますか?」って何ソレ?ってカンジです。

ってことで、間もなく姫の座から失脚しますので、お部屋の片づけをします。
ではあでおーす。

今日は無料のPCより投稿です

ラウンジのPC(今回のプランでは1h無料で使っていいことになってる)に日本語が入っていることを確認。
係のお姉さんは「日本語は入ってないのよ~」とか言うけど、あったあったしめしめ、
と、勝手に設定( ̄ー ̄)v
もちろん元に戻すことも抜かりなく。

特に変わったことはないんですけど、シンガポール来たのに
お土産に「タイシルク」買ってる。何をやってんの、と。

あとですね、中国語で書いてある「按摩」(=たぶんマッサージ)の本買ったんです。
思いのほか判りやすいですわ。早速実行。

というわけで、いよいよ明日チェックアウト&最終日となりました。
うーん、物足りないけど(笑)でもいろんな経験をしました。やっぱ楽しかった。
また来たいです、ハイ。

明後日は6時発の飛行機なので、夜通しこの辺で遊んでから空港に行く予定です。

おっとPCを使いたい、と言ってインド系のおじさんが待ってます。
ではこのへんで。皆様、あでおす。

そんなことも言ってられないけど恥ずかしい。

昨日,中華街の屋台でしつこく注文を迫られた「ポピア」ですが,
正しくは福建料理≠マレー料理,であることが今ガイドブックにて判明いたしました(笑)

「ティダっ!マカン!」ってマレー語で怒鳴った私って一体…_| ̄|○;;

そんなことも言ってられないので,気を取り直して今日はお買い物デーです。
ってか毎日がお買い物デーなんですぅ
何ならこの中華街の屋台で再びバトルを繰り広げてもいいや。

あっ,ぺーやん元気かなぁ?

酔っ払った勢いで書きます

d5ee9b7a.JPGこっちに来て4日目です。

部屋にホテルのバーのチラシがあったので,
それ見て飲みに行ってみたんですね。
「1-for-1」っていうプロモーションで,
聞いたら2杯で1杯分の値段,とのこと。
で,ちょーしこいてシンガポールスリングと
マルガリータを頼んだわけです。
テレビでサッカー見ながら,
お通しのナッツもりもり食べて。

そしたら,来たレシートには酒2杯で最初41ドル(3200円くらい?)
っていうレシートもらったので,びっくりして見たらマルガリータが別料金になってる。
おいおい,2杯目は無料のはずだろうに。

「バカいってんじゃねーよ。2杯目タダっていうからマルガリータ頼んだのに」って言ったら
なんか偉い人がきて「マルガリータ頼んだでしょ?2杯目タダなのはシンガポールスリングだけ
という。しらねーよ~そんなの。最初から説明してよ「2nd one」って言ったじゃんよ~。
なので「このマルガリータ,タダじゃないならいらない!」って駄々をこねてみた。
そしたら,「今回だけよ」ってことでタダにしてもらったんですが…,

なんかすごく恥ずかしいんですけど,こーいうお金系のトラブルってよくありません?
幸い,詐欺とか法外にぼったくられた,ってのはないんですけど,こう何て言うか,
ちょっと納得いかない出費になった,見たいなヤツです。
納得いかないときはきっちりハナシをつけるようにしてるけど,
それでもその後で,ちょっと気分がブルーになるんです。

例えば今回だって,最初に値段と「どの飲み物でもOKか?」というのを確認しておけば,
こーいうことにならなかったわけでしょ?って自分を責めてみたり。
それに一昨日,屋台でサテー(焼き鳥)を食べた時だって,
「20本で10ドル」って言うから「そんな食べきれない」と言ったら
「10本で8ドル」って言われて,何だかその時は「やった!」くらいに思って即OKしたんですが,
後で考えてみたら1本あたりの値段が合わないよねぇ(笑)
あってないようなモノなのかね,値段って。
まあこれは事前に確認したので仕方ないですが,お金を払う時になって,
飲み物(ただの缶コーラ)が2ドルなので,併せて10ドルなのに,
おばさんは,おしぼりを持ってきて「10ドル50セント」という。
「何で?」って聞いたら「おしぼりが50セントだよ」って頼んでねーよ!いらねーよー!

結局「それは頼んでないから」って言って10ドルきっかりしか払いませんでしたが,
うーん,これは彼らの商売の術なのだ,と妥協してして払うべきだったのかしら?
とか考えて,せっかくの旅行なのにちょっと気分が重いです。
しかもこの店では,私が日本人と知るや「ポピア(マレー料理),オイシーヨー」
とか言いながらメニューを見せて,追加オーダーを取ろうとする。
だから私は何かの本で読んだマレー語のボキャブラリーをフル回転して怒鳴る
「Tidak(No),makan(食べる) Popia!!(←本人「ポピアいらねーよ!」のつもり)」と。
文法どんまい。

なんだかこーいうのはいつも気分が悪い
日本人ならNOって言わない,とか思われちゃってるのかなぁ…。
多分この屋台は観光客慣れしてるんだろうなー,と思うし,
今までの観光客にもこーいう対応をしてたんだろうな,と。

50セントくらいいいじゃん,って思えばいいんだろうけど,
これで私が払っちゃったら,次の観光客がまた余計に50セント払う羽目になってしまう。
ちなみに,他の西洋顔した観光客のテーブルにはおしぼり出してなかったよ。

ウマくいえないけど,日本人だから何じゃい!ってカンジ。

すみません何だか酔っ払った勢いで書いてますから,支離滅裂で申し訳ないです。
とにかく,ちょいとブルーな気持ちです。せっかくの旅行なのにね。
何が言いたいか,というと…うーん水族館のクリオネかわいかった。写真撮れなかったけど…。

【写真】建国記念日の今日は,どこ行っても混んでましたムカつくくらい。なぜに整列乗車。

夏フェスだぜぇ!!

a79b7b7d.JPGどうも皆様お騒がせしました。
移動の疲れもあったようで,
昨日はご飯を食べておかしくなりましたが,
部屋で14時くらいまで寝たら,だいぶ楽になりました。
多分リチャードのせいではなさそうです

今日もやっぱりご飯の後新聞読んでたら眠くなっちゃったので,また寝て,
午後に出かける,という観光客にあるまじき行為。

やってることといえば,ただひたすら食べる,たべる,タベル
朝バイキング食べて,昼食べないで夕方と夜食。
たまにホテルのカクテルサービスでお酒とおやつ。ほとんど金かかってないっす。

だって,屋台っていうかフードコートに行けば,5ドルでお腹いっぱい。
最初は汚くて抵抗あったけど,今となってはもう慣れっこです。
今日なんてチキンライスの鶏肉生だったようははは!(←鳥インフルエンザを忘れているアホ)

それと洗濯
ホテルにコインランドリーがある,って聞いてたのに,ないんだって。
1日2つまでクリーニングしてくれるのですが,それ以外のものは自分で手洗い。
アタマにきたので,ドラッグストアに行き,洗剤と大き目のジップロックを購入。
水+洗剤に洗濯物をぶち込み,しっかり口を閉めて,バシャバシャ言わせて洗うのです。
我ながらグッドアイデヤ。

で,めずらしく今日は早く帰ってきたんですが,
なんと,ホテルの目の前の公園でいわゆる「夏フェス」やってるんですわ。
しかも,オール外タレ。詳細はコチラ
今日のラインナップ,シンディ・ローパーペットショップボーイズと超大御所が競演だなんて!
このとき,「新嘉坡で夏フェス体験??」との考えもアタマを過ぎりましたが,
肝心のチケット代を見ると…

TICKET PRICE (Exclude Booking Fee)

One Day Pass
Standard (at the door)
S$150 (General Public)
S$100 (Student)

2 Day Pass
Standard
$200

えええええ(ーー;)

1シンガポールドルが80円弱ですから,換算すると1人約12000円です。
日本のよりは安いのかもしれませんが,うーん,さすがにほいほい出せる金額じゃないですね。

ということで,今部屋の中に丸聞こえの轟音をバックに踊り狂ってます。
誰の歌かも聞き取れない状況ではありますが(笑)

でも,今またWEBサイトをみて気付きました。

●こっちの夏フェスは,なぜかカメラ持込OKである。
●前売りなら100ドル(8000円)で入れた。しかも昨日までに買えばOKだった。

というのを見つけて「やっぱ行けばよかったかなぁ…」と後悔してたりするんです。

ああ,次のバンドが出てきて何か煽ってますよ。お,シンディだ!
「I drove all night」が聞こえるぅ!

トリじゃないのか!はーん,いいな,いいなー。

いえーい!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

【写真】
エグゼクティブべんぞう,頑張って洗濯しております,の図

シンガポール到着

こちら時間の今日のAM2時,ホテルにチェックインしました。

心配していた空港からのタクシーも,トラブルになることなく
(むしろ恐ろしいくらいシステマティックにできていた),
90キロ制限のところを120キロくらい出してもらったので,あっという間に着きました。

シングルルームを頼んでおいたら,
「1ベッドの部屋とツインの部屋どっちがいい?」って聞かれたので
「そりゃ1ベッドだよ!2ベッドなんて寂しいもん」って言ったら,「ない」と言われた。
…なら聞くな
悔しいので「じゃあやだ!」って言ったら,むりやり他の部屋を動かして
1ベッドの部屋をあてがってもらえた。
…最初からそうしろ(ーー)。

で,その部屋に行ってみたら…

f16d7b3e.JPGはきゅーん!

すっげー部屋。

ウェルカムフルーツにチョコレート,部屋の端から端まで徒歩何分!
ベッドだけじゃなく,床に大の字に寝るコトだって可能!
ライティングデスクが必要以上にデカイ上,別に化粧用机まであるなんて…。
テレビなんて,液晶テレビですわ。
多分これは本来私が泊まるべきだったグレードの部屋ではないハズ…
って思ってたら,コレが一番ランクが低い部屋であることが判明。

ああああああ帰りたくねえ(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

こんなカンジで部屋に感動してたら,あっという間に時間がたってしまい,
結局お布団に入ったのは4時を過ぎていました。

朝ごはんもおいしかったし,1泊目,ってか0.5泊目みたいなものですが,
とても幸せ。幸先いいカンジっす。

で,チェックアウトしてからタクシーでホテルを移動したんですが,
このホテルがねー,またねー,何というかねー,いろいろネタができましたので続きはまた今度。