RSS

カテゴリー別アーカイブ: 一人旅:イタリア

イタリアで食べた絶品カルボナーラ

イタリアで食べた絶品カルボナーラ

カルボナーラと言えばポピュラーなパスタの種類だと思うんですが、それがローマ発祥だとは知りませんでした。

サイゼリヤのメニューの中では一番スキです、ハイ(笑)

で、今回ローマで本場のカルボナーラを是非食べてみたい!と思い、「カルボナーラが旨い店」とホテルのスタッフさんが紹介してくれた「Mamma Angela’s」という店に行ってみました。

フレンドリーなお兄さんに、入口に近い席をアサインされました。
まずはワインから。「甘いの下さいっ!」って出てきたのがこちら。
とってもフルーティでグイグイ飲めます。銘柄は忘れましたが、恐らくNIVOLEではないかと。
image

いきなりパスタも何なので、前菜に生ハムとサラミ、それに水牛のモッツァレラチーズの盛り合わせを。
image

このモッツァレラチーズがですね、瑞々しくてワインによく合うのです。
いつも食べてるのって牛のモッツァレラだっけ?とか考えながら食べるのですが、最早どうでもよくなってくる美味しさ。
image

メインのカルボナーラ。
パンチェッタの塩辛さがヤギのペコリーノチーズの苦味で緩和されててちょうどいいです。
それでもタマゴとクリームの濃厚さは損なわれていなくて、うーん病みつきになりそう。
image

雰囲気も味も大満足。
やっぱり美味しいレストランは地元の人に聞くのがいいな、と心から思いました。
ローマ駅からは10分も歩けばつくと思います。ローマ駅で時間がある方は是非行ってみてください。オススメです(*´ω`*)

 
コメントする

投稿者: : 01/31/2016 投稿先 食事, 一人旅:イタリア

 

アリタリア航空 成田→ローマ マニフィカプラス(ビジネス)搭乗記

アリタリア航空 成田→ローマ マニフィカプラス(ビジネス)搭乗記

今回の旅はデルタ航空のマイルを使って往復しました。
正直、アリタリアには期待をしていなかったのですが、とてもホスピタリティ溢れるステキなエアラインで、失言をお詫びしたいと思います。

今回は電車の遅れもあって空港への到着が遅れてしまい、ラウンジには寄れなかったのですが、ラウンジはどうやらデルタ航空のものを使うそうで、今更ウキウキするものでもないので、まあいっか、と。

さて、プライオリティゲートでセキュリティチェック→自動化ゲートで出国、この流れでなら多少混んでいてもセキュリティから5分もあれば免税店モールまで来られるんですから、使わない手はありません。このシステムの便利さも手伝って、電車が空港駅に着いてから何と30分!で機上の人となることができたのです。

電車が遅れて一時はどうなるかと思いましたが、ご配慮下さいましたアリタリア航空のグランドスタッフの皆様には感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

さて、話を搭乗記に戻します。

シートはこんなカンジ。倒すとほぼフラットになって、前の席のストレージの下に足が収まります。
1-2-1の配列ですが、アリタリアはハネムーンに力を入れているせいか、真ん中の2席つながりのシートが人気あるみたいですよ。
まあ私には必要ないけどね(ノд-。)グスン
image

機内に腰を落ち着けると、まずはシャンパンのサービスとアメニティが配られます。
アメニティはイタリアのブランド「Salvatore Ferragamo」デザインです。男女別でポーチファスナーのガンチーニがカッコイイです。

image

離陸して機内食。
1食目はアペリティーボから。
メニューには正式名称がないのでわかりませんが、スモークサーモンのカナッペっぽいのと、プチトマトとモッツァレラチーズをバジルソースで和えたタルト。それにオリーブです。
image

続いてアンティパスト。二択です。
パルマ産プロシュートのメロン添え。もう一つのチョイスは車海老とポテトのサラダでした。
image

1枚しかない生ハム。もうちょっと食べたいな…。
image

メインは4つのメニューから2つ選べます。
私のチョイスはまず「ブロッコリーのパスタ クリームソース ペコリーノロマーノチーズとともに」
image

続いて「子牛のカツレツ バーリ風 ローズマリーの香りを添えて」
でもこれ、カツじゃないような…╭(°A°`)╮
image

デザート「シトロン レモン リコッタチーズのケーキ」。ん、おいち。
コーヒーはエスプレッソ。それ以外のコーヒー、例えばアメリカンコーヒーもあるんですが、どうやらそれはインスタントの模様(笑)
image

ミッドフライトスナックはサンドイッチかおにぎり。
このおにぎりはローマ到着後の私の夕ご飯になりました( •́ㅿ•̀ )
image

空港までの緊張が解けたせいか、かなりの勢いで眠っていました。
気づいたらもう、到着前の食事です。夕方なのに、何だか朝ごはんのよう。

選択できるものはなく、ワンプレートでの登場です。左下から時計回りに「ファリナータ(ひよこ豆の粉で焼いたフォカッチャ)」「エキストラヴァージンオリーブオイルとオレガノ風味のフォカッチャ」「季節のフルーツ」「フィノッキオーナサラミのスライス」「パンザネッラ(トマトサラダをのせたブルスケッタ)」
もっとサラミ希望!
image

程なくして、飛行機はローマ・フィウミチーノ空港に到着しました。
とにかく全くと言っていいほど期待してなかったアリタリアですが、実際に乗ってみると、米系のように投げやりなサービスでもなく、かと言って日系のような尽くすカンジのサービスでもなく、何だかその距離感が私にとってとても心地よかったです。

次回ヨーロッパに行く時は、候補に入れてみたいと思う航空会社でした。

 
2件のコメント

投稿者: : 01/05/2016 投稿先 ヒコウキ, 一人旅:イタリア

 

ミラノ名物アペリティーボは最早ミラノだけのものではなくて。

ミラノ名物アペリティーボは最早ミラノだけのものではなくて。

ミラノといえばバーでドリンクをオーダーするとおつまみが食べ放題になる「アぺリティーヴォ」が名物です。

以前TV番組の「弾丸トラベラー」か何かでやってて、そのシステムの素晴らしさに食い意地の張った私は「絶対にいくんだ!」と息巻いていたのですが、どうやらこのアぺリティーヴォ、ミラノから派生してイタリア全域に広がっているようです。

今回、フィレンツェ、ミラノでアぺリティーヴォを体験してまいりましたので、その記録を。

【フィレンツェ Kitsh Devx
フィレンツェで1番人気のあるアぺリティーヴォの店、って言われて行ってみた店。
確かにフードが豊富で人気があるの、頷けるなあ、と。
でも椅子が高くて高くて、座るのによじ登らなきゃいけないのはキツかったなあ。
image

お酒の味を邪魔しないように、なのかわかりませんが、全体的に薄味でした。海外でも薄味ってあるんだなあ、としみじみ。
レバーペーストかしら、右上のバケットに乗ったペーストがこの中では1番美味しかったかな。
image

【ミラノ il bar
言わずと知れたドゥオモ横のデパート「ラ・リナシェンテ」の最上階にある、ライトアップされたドゥオモが見えるバー。
ここはフード食べ放題、ではなくて、お通し程度の品をサービスしてくれるカンジ。
クリームチーズ?のタルト、モッツァレラチーズとトマトの串、それに美味しかったのは1番手前の、ナゲットみたいな揚げ物でした。
image

【ミラノ Moscatelli】
モスコーヴァ駅からガリバルディ通りを南へちょっと歩いたところにあります。
入口は目立たないですが、人が沢山いるので何となくここかな?って見当はつくと思います。

「お酒飲めないの」って言ったらパッションフルーツをベースにしたノンアルコールカクテルを作ってくれました。お値段8ユーロ。
フードは店頭のカウンターにズラッと並んでいます。とにかく種類が豊富で、サラダもあって嬉しかったです。
食い意地炸裂てんこ盛り!
image

2往復目。
プロシュートのサンドイッチにサラミ、ペンネ、コーンチップスもあります。
image

パンなんぞを口に入れたらカプチーノが飲みたくなりまして、飲み屋でコーヒー頼むヴァカ。
image

ここまで来ると本来の「夕ご飯前のちょっと一杯」が完全に夕食を取るための術と化していて、みっともないとは思いつつも食い意地の勝ち。
入ったら最後、夕食レベルに達するまで食べ続けたのでした…ヾ(;´Д`)ノ

 
コメントする

投稿者: : 01/04/2016 投稿先 食事, 一人旅:イタリア

 

タグ:

ローマ発1dayバスツアーに参加してみました。

ローマ発1dayバスツアーに参加してみました。

現地バスツアー「ローマ発 ゆったりバスで行くカプリ島、ポンペイ、ソレント、ナポリ1日観光ツアー」に参加してみました。
日帰りで3万円、という値段ゆえ、躊躇している間に希望日の申込期限が過ぎてしまい、中途半端な日程での参加となりましたが、内容は充実していたと思います。
何より全部日本語でいい、ってのが有難いです。

バスはこんなカンジ。ちょっと小ぶりではありますが、シートピッチは広々としていて快適でした。
image

続きます↓

Read the rest of this entry »

 
6件のコメント

投稿者: : 09/03/2015 投稿先 一人旅:イタリア

 

Nexus 6をイタリアで使ってみたよ

イタリアから帰国しました。
往復ビジネスクラス利用(陸マイラー頑張った)でローマ、フィレンツェ、ミラノと回った2週間。
これだけ聞くと豪華なカンジでしょ?
違うの。泊まったホテルには落書きと鉄格子のハマった窓がありましたから╭(°A°`)╮

さて、アメリカで使っているT-mobileのSIMが使えない海外(それが使えるとこならiPhoneをメインにしたと思う)に初めて行ったので、さあNexus 6をどうしようか?と考えまして、結局現地でプリペイドSIMを買って挿してみることにしました。

念のため、レンタルのWi-Fiルータも持参です。

ローマのテルミニ駅構内にはケータイの会社が少なくとも3種類、ありまして、目立つのは正面入り口からも見えるVodafoneとTIMの2件でしょうか。
最初は「スマートパスポート」と呼ばれるヨーロッパのメジャーな国々でほぼ使えるSIMを買うつもりでVodafoneに行ったのですが、とにかく混んでいて、店の外まで人が列をなしている状態。しかも1人ひとりにかける時間がハンパなく長い!

なので諦めて駅2階にあるTIMに行くことに。
こちらは番号札を出してくれるので、ムダに列に並ばなくて済みます。

順番が来て、旅行者であること、プリペイドSIMを探していることを告げると、見せてくれたのがこの案内。
image

30ユーロで有効期間は1ヶ月、2G分のLTEデータ通信と200分の国内+国際通話が含まれています。2週間の旅行ならこれで十分!ということで即決です。

しかも有難いことに、全部お店の人が設定までして下さるんですよ。人によるのかもしれないけど。
「やってあげるから言語設定を英語にして」って言われて、あとはスイスイ。
抜いたY!mobileのSIMカードは「無くしちゃうと困るでしょ?」ってTIMのSIMカードが入ってた枠に嵌めて、テープでぐるぐる巻きにして渡してくれました。

斯くして2週間、ほとんどの地域で4Gの快適な通信手段を手に入れることができたのでした。
日本の電話番号とY!mobileのメールアドレスは使えない(DIGNO dual 2Wi-Fi環境さえあればキャリアメールのやり取りができたので、ここが不便)ですが、今はLINEなんかでも対応できますし、やはり常にネットできると言う、何物にも変え難いこの安心感、たまんないです。
レンタルWi-Fiもいいですけど、バッテリーがね…みんなが毎日フル充電して使ってるだろうから大抵ヘタってまして、半日保たないのに当たった時のまあ悲しいこと×2。
自分の端末ならそんな心配もないワケですΨ(`∀´)Ψ

ということで、SIMフリー端末と一緒にイタリアに行ったら、まずはTIMでSIMを買うことをオススメします!

 
コメントする

投稿者: : 08/30/2015 投稿先 Gadget, 一人旅:イタリア

 

タグ: , , , , ,

最後の晩餐は自力で取ったどーッ!

ミラノ名物「最後の晩餐」ですが、イタリア行き&中でのスケジュールを決めたのが遅かったため、当然ネットでは取れなくて困っていました。
別に美術とかはわかんないけど、見た方がいいって言うから…。

で、こっちに来てから電話で取ればいいや、って思ってたのに、その電話が全然つながらないんです。

多分イタリア語で「只今電話が大変混み合っております。しばらく経ってからおかけ直し下さい」的なことを言われて切られちゃう。

でも毎日諦めずに頑張って電話したら、ようやく先ほどつながりまして、もうヒト(オペレーターさん)と話せた時の感動ったら(笑)

1人だったこともあり、希望していた日の昼過ぎ、というとてもよい時間をアサインしてもらえました。
先程コンファームのメールも届き、これで無事に「最後の晩餐」に会うことができそうです。

さて、今はフィレンツェという街にいます。
3日間バス乗り放題、美術館教会入り放題、っていう「フィレンツェカード」なるものを72ユーロで買ったんですが、これね、絶対モト取れないです{(-_-)}
バスはワケわかんないし、そもそもフィレンツェの街がコンパクトだから、歩いても十分回れます。唯一のメリットとしては、観光名所に並ばずに入れるとのことですが、カードホルダーが多すぎて結局並ぶ、という始末。あんまりプライオリティ感はありませんでした。それでも持ってない人よりは全然いいんでしょうけど。

そんなカンジで旅程の半分を過ぎてしまいました。あっという間だなあ( ;´Д`)、
image

 

イタリアに来ました

ブログを放置してるくせに本人はさっさと旅に出てます。
ご無沙汰していますBENです。

只今現地時間午前3時です。
昨晩アリタリア航空の快適なフライトにて滞りなくローマ入りしました。
もうアリタリアのネ申対応に涙が出そう!
スタッフの質が、ネ申過ぎるんですよ。外資系でも某Dとはこんなに違うんだ!と。
イタリアだからなんか、こうイヤミっちいのかな、って思ってたら全然違う。
機内通訳さん(アリタリアは「日本人CA」ではなくなぜかこう呼ぶ)をはじめCA皆さんとにかく、気さく。
デルタとお別れするためにマイルを使い切ったけど、同じスカイチームならアリタリアもいいかも。
まあ、イタリアにまた来れば、の話ですけどね。

飛行機は定刻より30分ほど早く到着。
顔パスでいいのかよ(⌒-⌒;)って思うくらいのいい加減な入国審査を経て、
到着予定時刻の1時間後にはもう駅前のホテルの部屋にいました。すごいね、ローマ便利。
P1030701

で、荷解きしたらお水とか買いにスーパー行こう、って思ってたら撃沈、今に至るというワケです。
やばいなコレ時差にKOされるパターンか。
では寝てみます…また!

↓降りる前に「おにぎり持って行かれますか?」と聞かれて「うん!」と答えた結果、
それは記念すべきイタリアでの最初の食事になりました。
P1030705

 

 
2件のコメント

投稿者: : 08/15/2015 投稿先 一人旅:イタリア

 

あれ?このNexus6ってイタリアでどう使うの??

イタリア行くのが決まったのはいいんですけどね、その間ケータイどうしようかと。
もうauありませんので、日本とは一切連絡が取れませんww
Ymobileに電話かかってきても、転送できないです。気が向いたら留守電くらい聞いてあげてもいい。

こんなサイトがあったからので読んでみたんですが、とっても高額ローミング的?なことしか書いてなくて、スマホって結局いつも何かしらデータ通信している気がするので、迂闊にローミングなんかした日には恐ろしい通信料が発生しそうな気がしてコワイです。

結局、そこをケチるとNexus6は現地ではただのWi-Fiタブレットにしかならないのかな、と。現地でSIMカード面白そうなのあれば買いますが、それでも日本の番号とは縁も関わりもないですから。

さらに、メールが困りものでして。
Y!mobileに来たキャリアメール、どこにも転送できないんですよ。
いつもお世話になってるソフトバンクメールも、さすがにメール転送機能は見つからなかったです。どこかにあるのかな?
ハングアウトかメッセンジャーでメール転送できるのなら、ちょっと戻そうかな。
でも結局はローミングで読み出せ、ってことみたいで、ちょっと大変。

ああ、なんかイタリアってガジェット持って行くにはハードル高いわあ(u_u)

 
コメントする

投稿者: : 07/12/2015 投稿先 Gadget, 一人旅:イタリア