RSS

「ねえ、マリモ」の話

12 8月

突然なんですけど、友達からFacebookでペットを看取る話を振られて、この話を思い出しました。

「いぬのえいが」という映画の中の短編なのですが、これを私初めて見た時、本当に自然と涙が出てきてその場にいられなくなって、会場を一旦出たのを思い出します。
犬も猫も、私たちより幾分早く歳をとっていって、私たちより短い一生を終えていきます。それは分かってるんだけど、やっぱり別れはツライ。

私はペットを飼ったことはありませんが、動物がキライなわけではないし、寧ろスキ。でも、その、やっぱり、先に死んじゃうのがツラい。多分耐えられない。
でも友達曰く「それでもかけがえのないものをくれるから」ペットを飼うんだそうで、何だかわかる気もします。

話は違いますが、捨て猫の里親なんか募集してるの見ると、私も協力出来ないか?って思うんです。でも「完全室内飼い」の約束ならまだしも「単身者不可」とか言われるとムリ。中には「未経験者不可(要は過去にペットを飼った経験がないと×)」って言われちゃうと、もう始めすらできないじゃないの!

そんなカンジで何も出来ないワタシです。
ペットって、そーいうものなのかな。

広告
 
コメントする

投稿者: : 08/12/2017 投稿先 勝手な感想

 

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中