しばらくです&TASAKIショッピングツアー体験記

1月の終わりくらいから毎年の如く忙しくなって、遅れてきたRadio Fishブームがやってきて、藤森慎吾がかっこよく見えてきてああコレは疲れてるんだな、と。

そんな時にクレジットカード会社から届いた1通のハガキ。
宝飾品のTASAKIがプロデュースするショッピング&ランチ&歌舞伎の1dayツアーの案内でした。

TASAKIでお買い物して、ニューオータニのなだ万でランチして、歌舞伎座で歌舞伎見る、って内容が歌舞伎の観劇料より安くできちゃうという、オトクなツアー。もちろんTASAKIでお買い物する人がいるからこそTASAKIもペイできるのでしょうけど、そんなオカネのない私でも参加できたので、ちょっと紹介します。

まずはニューオータニに隣接するTASAKI紀尾井町店に集合して、全体に対してオススメ商品やローンの説明をしてもらってから、お店の人がマンツーで付いてくれての店内ショッピング。ショッピングタイムはたっぷり2時間。

お昼に相席した方の話だと、このついて下さる店員さんというのが同じお店の中でも熱意?が異なるようで、絶対に買わせようとする方と、まあ見てってよ、程度の方がいたようです。ワタシに付いてくれた方はとても優しい方で、無理強いは一切なかったのですが、他の方はかなりごりごり来られたとのこと。それでもこの日の参加者の中には商品を買った方はいなかったように思えます。

その後店を出て、お店の方の先導で歩いてニューオータニの建物の中へ。ランチの時間はきっかり1時間との説明を受け、なだ万のある7階へ。エレベータ上がって少し歩くので、ご飯の時間ロスしまくり。

団体扱いで奥の仕切られた場所に案内されます。飲み物をワンコイン(500円)でサーブしてくれるのですが、あまり注文する方はいませんでした。注文した人のを見ましたけど、ビールはちょっぴりのグラスビール。注文しなくて正解かな(笑)

ランチはこんなカンジ。これに梅とじゃこのかかったご飯と留椀。
メニューがなかったので詳細は分かりませんが、たぶんこのTASAKIツアー用の格安メニューなんだろうな、と。

それでも美味しい!
ひとつひとつ、だしの風味がとにかく絶品でした。

物足りない気もしますが、まあ1時間で食べきれるちょうどいい量だったのかもしれません。
食後はマイクロバスに乗って歌舞伎座へ!

今日の演目は中村勘九郎丈のご子息2人のお披露目で「二人桃太郎」。
これは勘九郎丈も小さいとき演じたお芝居で、それに親戚一同が演者として関わってきたそう。歴史を感じます。
弟の長三郎丈はまだ3歳。ところどころぐったりしてしまうのはご愛嬌。
大きな動きが必要な場面では、黒子さんが抱っこして動かしてるのには会場ほっこり(笑)

幕間の食事は軽めにしました。
1F喫茶「檜」の和風ポトフセット1500円。
野菜たっぷりの優しい味でした。

演目について、やっぱりこの松竹系(歌舞伎座、新橋演舞場)の作品はどうしても難しく感じます。個人的にはやはり国立劇場の噛み砕いた歌舞伎の方が好きです。演目だけじゃなく、ご飯も美味しいし、お手頃だしね。

そんな1dayツアーでした。ね、結局食べてばっかりでTASAKIのこと全然書いてないや。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中