RSS
画像

西游:降魔篇が「西遊記〜はじまりのはじまり〜」になった結果

07 12月

昨年夏にデルタの機内で見ること6回!、その時からえらく気に入っておりました周星馳監督の「西游:降魔篇」ですが、本国に遅れること1年半、ようやく日本で見ることができました。

邦題も「西遊記〜はじまりのはじまり〜」となり、日活がアジア映画のレーベルとして始めた「GOLDEN ASIA」の第1作目として上陸です。
とにかくですね、かなり期待していたわけです。だって、あの機内で何回見たかわかんない面白さ!それが映画館で見られるんですから!チャウ・シンチーがカメオ出演しているのがどこか、今日こそ大画面で見破ってやろう!と。

正に「満を持して」TOHOシネマズに向かいました。きっと大声で笑ってしまいそうだから、人の少ない深夜の時間帯にこっそり…。

でもね、率直な感想を言うと、おもろない(-_-)。なんでだろう??

吹き替え版の声優さんの存在や宣伝とかでいろいろバイアスがかかってきたせいもあるんだろうけど、それもあったから見たのは字幕版。なのにあんまり面白いと思わなかった。周りも全然笑ってなかったなぁ。あんなに感動したイケメン猪八戒陈炳强くんという俳優さんであることが判明。この簡体字うちらの使ってる文字だとどうなるのかしら?)にもすでにきゅんとくるワケでもなし。
そういえば同じ動きができるお札の行、クリッシー・チャウの踊りも何かカットされてたような気がするのも残念だったかな。

飛行機の中、という特殊な空間で、座席に付いた小さな画面で見てたのが、急に巨大画面になったのもあるのかも…。
まあ一番大きな理由は、見た回数が多すぎ、ってことよね、やっぱり(⌒-⌒; )

あ、前述のチャウ・シンチーのカメオ出演、日本ではあまり話題になっていないのですが、どなたかお分かりの方いらっしゃいませんか?ご本人が昔取材で「カメオ出演したけど絶対みんなどこで出てるかわからないよ」って言ってたので確かだとは思うんですが。
私的には漁村で水の妖怪にトドメを刺す、あの巨大な女の子だと思ってたんですが、彼女はCGでもなんでもなく、謝晶晶ちゃんというコメディ女優さんだということがわかりまして、うーん、どこに出てるんだ??( ;´Д`)、

広告
 
コメントする

投稿者: : 12/07/2014 投稿先 勝手な感想

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中