RSS

AZIATIX @ Cafe Du Nord, San Franciscoその1

30 3月

勢いもあって、見に行ってきました。
昼間に行った通販で有名なベアミネラルの店、店員さんが全員Katy Perryみたいなメークだったので笑えた。何なのこのデフォ。

<ちなみに>
ここから当日の状況を書きますが、筆者は過去に氣志團等に参戦していたため、あまり盲目的な愛情あふれるレポが書けません。むしろ変態目線です。また、駐在で見につけた英語もかなりいい加減です。自分の都合のいいようにしか解釈していませんので、それでもよろしければこの先へお進み下さい。あとメモを取ってたわけじゃないので、MCの内容や順番もかなりいい加減ですよう(笑)

今回の箱、Cafe Du NordはダウンタウンのMarket st.沿い、ちょっとだけ治安の悪いところにあります。
ただし、中心部からはmuniメトロでも行けるので、アクセスは難しくありません。
帰りがコワいですけどね。
muniメトロは2輌編成のちっちゃい電車。
DSCF9068.jpg
ラッシュ時は次の電車が、すぐ見えるところでつっかえて待ってます。
メトロの中でちょっと小ぎれいな恰好したアジア系女子を見つけたら、同胞でした。
DSCF9069.jpg
muniメトロchurch駅を出たらSafewayを背にして歩くことほんの数分…
DSCF9072.jpg
ネオンがあやしく光る会場に到着です。
DSCN0061.jpg
入り口でリストバンドとスタンプをもらい、ネットで予約した時の予約票とID(今回は18歳以上のみ入場OK)を見せます。
名前を確認するだけで、チケットの原本みたいのはもらえません。
「ねえ、何かないの?チケみたいのないの?」って聞いたら「名前確認したから大丈夫」ってそれでいいんかい!(笑)
階段を下りると小さなステージを擁した会場。ホント、狭い。こんな狭い箱、久しぶりに来ました。
DSCF9073.jpg
ドリンクは別料金なので、ラムコーク6ドルを煽ります。
このラムコーク、ラムが多すぎで1杯目でかなりキキました。
DSCF9074_20120422155335.jpg
客層は殆どアジア系。ベイエリアにはアジア系のコミュニティが多数あるので頷ける状況ではありますが、それにしてもアジア系多いな~、と。思わず日本語で話しかけちゃいそうな雰囲気。
男女比は7割くらい女性。基本的にボーイズは必ず4・5人のグループで来ているのがおもしろかったです。あとゲイのカップルも来てましたね。
いい気分で8PM、オンタイムでDJ Twin Spin氏登場。
DSCN0039.jpg
えっ!温水さん!?
実は当日出演予定だった、というか今回AZIATIXに帯同してるRUSSELL W.H氏が、SF公演以後出演しないことになってしまい、つまりこのDJ温水氏は急のオファーに応じてくれたと思われる、とてもイイ人なのですきっと。
どうしたラッセル、ケンカでもしたんか?
DJとして20年以上のキャリアを持ち、地元SFのFMでパーソナリティとしても平日夕方にレギュラーを持っているという温水さん、選曲は堅実なアゲtunesを持ってきます。
そんな中、1時間くらいしてLMFAOがかかったので、ああもう終わりかな…って思ったら、この温水氏、その後30分近くも回し続けたんですね。つまり、温水さん一人で90分ゴシゴシ回してくれたわけですよ。オーディエンスも心なしか飽きてきた模様。
もう最後の方はスタッフがホール後方のPAブースから懐中電灯でステージ上の温水氏に「終わりにして~」というサインを送ってて、何だかおかしかったです。
ここまでが前座のDJ Twin Spin氏のパフォーマンス。ね、長いでしょ?
だから本編は今更ですが追記にします。スキで追記にしたんじゃありませんえ。ちなみに、この日のパフォーマンス、ぬっく90分、AZIATIX1時間弱…。ハハハハハ(-_-;)


DJ Twin Spin氏がボリュームを下げて「この後はAZIATIX~」って言うや否や
ぴゃっぴゃっぴゃーぴゃーっぴゃーっぴゃぴゃー♪
「LIGHTS」のイントロ。そこへ即ニッキー、FLOWSIK、エディの順で登場。早っ!すごいタイミング。よっぽど押してたのね…ぬっくってば…(-“-;)
まだ後ろではヌック氏が撤収中で、てっきりヌックも一緒にステージに立つのかと思うような状況がありました。細かいところは気にしちゃいけないのかな…(笑)
そう言えばLIGHTSはUS版のNocturnalには入ってないんですね。iTuines@USでも買えるから初見ではないと思うけど。
ニッキーはいつも?のChromeheartsの長袖Tシャツに同じクロムのペンダント。うーん、どんだけクロム好きやねん(笑)キャップは後ろ向きだったのでロゴは不明。
FLOWSIKも黒いTシャツ、胸にアヤシイ巨大ロゴ、なんだろうあれ?でいつもと変わらないカッコですが、キャップにSFジャイアンツのロゴが入ってました。SF仕様なのかしらね。
そしてエディ…黒い長袖なのはいいんだけど、何だか身頃の部分がテカテカ光っててえろす。髪の毛はアップにしてて、多分韓流時代劇スキな人にはタマラナイ…そしてお団子からはみ出る後れ毛…ねえそれ計算してるでしょ?ってくらいえろす
曲は始まるもどうやらエディのマイクレベルが低く、エディのパートになるとあんまり聞こえない。本人も気づいてるみたいで声を振り絞るように歌う姿がいとえろす(;*´д`*)、でもイマイチ他の2人に比べて声が届かない。途中で気付かなくなったから解消されてたみたいだけど。
2曲目の「Super Star」が終わったところで「サンフランシスコ~!」と煽るニッキー。
ちょっとMCのあと「COLD」「Slippin’ Away」と続き、ここで長めのMC。
とにかく今回は、ニッキーのMCがオモシロいんですよ。
順番が合っているかどうかは覚えてないんですが、断片的にご紹介します。

客「ニッキー!ニッキー!今日私誕生日!」
ニ「誕生日!?すごい!ハッピーバースデー!名前は?●●●?みんなで言ってあげて!せーの!」
客「ハッピーバースデー、●●●!」
ニ「彼(Flowsik)も来週なんだよね。プレゼントは何がいい?」
フ「うーん、クルマかな~」
ニ「じゃあ新しいカムリ(アウディだったかな)用意するよ(笑)」

確かこの辺りで自己紹介をしてた記憶あり。

フ「(ラップやるから)ニッキー、ビートくれる?」
二「(ステージ中央に進み)ブン、ブン、パッ、パッ!ブン、ブン…(と謎のリズム)」
フ「いやいやいやいや…もうエディやって、エディ!」
エ「(恥ずかしそうに所謂ボイパ始めるも、かなりの腕前)」
客席:歓声!

即興なのかわかんないけどFlowのラップ(殆ど聞き取れませんでした。だから私の中での曲名は「ベレベレ」。ホントにずうっとベレベレ言ってるようにしか聞こえなかった)の後、Flowのリードでラップがオイシイ「A Game」から「Say Yeah」というアガるtuneが続き、またMC。

二「ちょっと待ってね。汗ふくから。(エディに)使う?(と言って自分の汗を拭いた青いタオルを渡す)」
エ「(くんくん…とニオイをチェック)」
二「もう、いいから!(と言ってむりやりエディの頬の汗をタオルで拭う)」
客席、絶叫!
ニ「これ(タオル)ここに置いてくから後でいる人は持ってってね」

二「(自分で飲んだ水のボトルをエディに渡して)飲む?」
エ「(拒否して自分の分のボトルを手に取り、飲む)」
二「(エディのボトルを奪って)はいエディの飲みかけ5ドルで!」
客:絶叫!

ニ「なんかサンフランシスコのみんなに言うことある?」
エ「いいねえ、サンフランシスコ。おばあちゃんが住んでてね。」
客「エディも住んじゃいなよ~!」
二「あーそれいいねーぇ。じゃあ家紹介してくれる人いるか聞いてみたら?」
客席:絶叫「うちーっ!」+みんなで手を挙げる。
二「じゃああとでちゃんとご両親にね、許可取りに行くから(笑)」
エ「(苦笑)」

二「みんなの応援、本当に感謝してます。、この先また1年後も、2年後も、5年後も、そして10年後もここでこうやってみんなと会えるように頑張りますのでこれからもよろしく!」
二「じゃあ次の曲はみんなのことを歌った曲『Nothing Compare To You』です。サビのところのコーラスを一緒に歌ってね。『Wow Wow Wow×3 Nothing Compare To You♪』ってカンジで。(客席、一緒にちょっと練習)いいね~ぇ!」

「Nothing compare to you」「Be with you」と続きMC。

二「Before we “go”…」
客「えーっ!」
ニ「ハハハハ。今日は本当にありがとう。皆さんの応援に感謝します。あっ、今日お父さんお母さんと一緒に来てる人いますか~?」
客席から手が上がる。
二「お母さん!ありがとうございますお子さんを連れてきて下さって!みんなお母さんに拍手!」

二「今夜はいい夜でした。今日飲んだ人はどうかクルマの運転はしないでね。ハイSay Yeahって言って!」
客「Yeah!」
ニ「Oh,Yeah?」
客「おーいえー!」

そして最後の曲はお馴染みのデビュー曲「GO」。アンコールはなし、って当然か。この後Meet and Greetがありますもんね。
とにかくMCでニッキーがエディをいじりまくるのが面白くて、それをマイペースかつ笑顔で見守るFLOWSIKと3人のバランスの良さを感じることのできたステージでした。
3人とも今までソロで活躍していた経歴を持ってるわけですが、3人が揃うことでその魅力が増し、3人が揃うことでお互いを高めることができる、そんな印象を受けたんです。「3本の矢」ってありますよね、そんなカンジ。
「3」っていいね、うん。
【Set List(←かなりいい加減だけど)for Aziatix @ CAFE DU NORD,San Francisco/Mar 28th 2012】
1.Lights
2.Superstar
3.Cold
4.Slippin’ Away
5.ベレベレ
6.A game
7.Say Yeah
8.Nothing Compare to you
9.Be with you
10.Go

広告
 
コメントする

投稿者: : 03/30/2012 投稿先 AZIATIX

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中