RSS

そして私は

13 3月

仕事中に地震がきました。
建物の最上階にいたので,立ってられませんでした。
機材もがたがた揺れて,とにかく怖かったです。


でも,津波は来てないです。
テレビ朝日の津波の映像は,すごく怖かった。
全てがあっという間に飲み込まれていく様を,黙々と流していて,
翌日には「ここには街があったんです…」というリポーターの方の声。
その先には,瓦礫の山というか,寧ろ何もなくなってしまった平地。
海外のニュースを見ると,海外では地震,津波よりも原発の様子が気になるようです。
そりゃそうだ。
原発の爆発の様子を何回も流していて…。
爆発の時の映像,煙が立つ直前,爆心を中心に「くわっ!」と何かが広がってる。
透明な,何か。
キノコ雲を想像してしまったのは,私だけでしょうか?
世界で唯一の被爆国が,原発を必要とするのはやっぱり皮肉。
原子力発電は一番発電効率がいいから?
それなら,我々は使う電気をもっと減らさなきゃいけない。
原発から少しでも自立するために。
誰だって好き好んで地震を待ってるわけじゃない。
危険な原発の事故を誘発するような地震なら尚更だ。
なのに何だあの記者会見で「都合良く計器(の数値)下がってませんか!?」とか怒鳴るヤツ。
確かに目に見えないものだから,素人にはわからないことだからこそ正しい情報がほしいし,
テレビでの会見が,我々を安心させるためのブラックプロパガンダじゃないことを願う。
だけど,彼らを責めてもしょうがないでしょ?
勝手に記者会見の会場で騒ぎ立てて,我々の不安を煽って,もしかしてあの人
「俺って国民の総意を代弁してるカコイイ?」とか勘違いしてるんじゃないだろうか。
そんなんだったらサイテーだ。
どうせ茶々入れるんなら,枝野会見で堂々とやってみ。
原発では間違いなく,今も命がけで作業をしてくれてる人がいるんだぜ?
ちなみに,「放射線量」について気になったのでいろいろ調べてみた。
まずウィキペディアでチェルノブイリの事故について
(引用:wikipedia「チェルノブイリ原子力発電所事故」2011年3月13日 (日) 09:35更新版)。
チェルノブイリのあった場所,事故から約25年たった現在の放射線量は3500mSv
3500ミリ=3500000マイクロSv。
今回,福島原発の周りの放射線量≒1000μSv=1mSv。
福島:チェルノブイリ=1:3500…。
スリーマイル島事故における周辺住民の被曝量:0.01 – 1mSv=10~1000μSv。
(引用:wikipedia「スリーマイル島原子力発電所事故」2011年3月13日 (日) 03:07最終更新版)
んんん?
バリウム飲んだ胃のレントゲンで浴びる放射線量:3.3mSv=3300マイクロSv…あれ?
(引用:「レントゲン・CTの被爆量について」気胸レポートbyぴあ様。
ソースは「青森県商工労働部 資源エネルギー課のサイト」だそうですがリンク切れ)
年間にNY-成田間を800~900時間搭乗する国際線客室乗務員の宇宙線による被曝量:
約2.8~3.2mSv…あれあれ?
(引用:「客室乗務員が以前ほど「玉の輿」に乗れなくなったわけ
年間被曝量が原発労働者の2-3倍の航空乗務員
」天漢日常様。
あまりにも被曝量が多いので「職業被曝」の対象に指定すべき,というトピック)
時間とか,場所とかにもよるんだろうけど,何だかよくわかんなくなってきたよ(-_-)
このサイト見て,ちょっと落ち着こう。
(引用:「被曝すると健康にはどんな影響が…」Yomi Dr.by読売新聞)
閑話休題,私には何ができるんだろう…
通訳・翻訳ボランティア?
マイクロバスの運転?
衣類を送る?
※どなたかご存知のへ※
当方,在米経験により少々の英語と,中型車
(11t最大積載量6.5t,定員29人以下の車両。限定解除済み)の運転ができます。
何かできることがあればご連絡ください。
また,どこにこの意思をお知らせすればいいか,ご存知でしたらご教授下さい。
I do speak English a little(I lived in US)
and I have a drivers license of “Mid size” category”(The license
permit to drive a car what has the weight less than 11t and people less than 29).
If you know where should I contact about volunteering with my skills,
Please let me know.

また夜がやってきます。
どうか被災地の皆様に,1日も早い安息の日々が訪れますように。

広告
 
コメントする

投稿者: : 03/13/2011 投稿先 日々の暮らし

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中