RSS

ジャーマンレイルパスでトラブル発生

03 1月

あっ、そうそう!(こっちのヒトは「ok」みたいな返事をするとき「あ~ソー」って言うので、
聞くたびに思わずニヤッとしちゃう)実はジャーマンレイルパスにトラブルが発生しまして。
聞いてやってよもう。


ベルリンからミュンヘンまで夜行を使ったんですが、夜行の場合、
パス使用日のカウントがちょっと変わってて,2日間に渡って乗車しても
到着日の日付のみ「パスを使う日」として1日分カウントすることになってます。
(例:12/31に出る19時以降出発の夜行なら,パスの使用日は1/1のみの1日分をカウントする,ってこと)
で,ミュンヘンに到着したらせっかく1日パスが使えるんだから,と
オーストリアへ日帰り旅行してみました。そしたら帰りに乗った電車の車掌さん,
「昨日ベルリンを出たなら昨日の分もカウント」
とか言って、私のパスの日付欄に無理やりハンコ押して,パス使用日を1日分埋めやがった!
え,残り1日残しておかないと,帰国便が出るフランクフルトまで行けないよ?
ちょ!それオカシイ!到着日のみ1日分カウントするってルールでしょ?
ってぶんぶん抗議したらその車掌さん「英語できない!」って言いだす。
ムキー!じゃあわかった、駅で話つけるから名前教えろ!って彼の名前を聞いて、駅の窓口に直行。
窓口では銀行みたいに番号札を取って待つんだけど,そしたらね,
正月のせいか30人待ち!Σ(゚∀゚;)
で、長時間待たされた挙句、事情を説明したら
「このパスはもう検札の印が入っちゃってるから,パスを再発行しなければならない
とのこと。けど「今日はパス専用の窓口が閉まっちゃったから、明日また来てね」
だって。んもう!
でも、ココからがドイツのステキなトコロ。
今日その窓口に行って、コトの経緯を説明しようとしたら、
「ああ、その話聞いてるわ。パスの日付を余計にカウントされちゃったから
再発行するのよね?」ってさくっと再発行してくれたんです。
マジすか!Σ(゚∀゚;)
すげ~!ちゃんと申し送りができてるなんてヽ(;▽;)ノ
ヘンな話ですけど,自分の中での白人というとアメリカ人のイメージがあって,
アメリカで同様のことが起こっても,多分こんな申し送りなんてやってくれないと思うんですが,
同じ白人なのに(って括り方もどうかと思うんだけど(–;)),
マジメというか責任感強いなあ!と感動した出来事でした。
さらに個人的な印象ですが,ドイツの人ってとっても親切。
お願いした仕事はきっちり最後までやってくれるっていう印象を受けました。
宿の人もそう。どんなに時間をかけてでも,ちゃんと仕事してくれる
(じゃああの車掌さんはどうなんだよ?っていうのは突っ込まないで下さい( ̄ー ̄)、)。
食べ物も美味しいし,ホントステキな国です。
パスの残りも1日分となってきました。
旅の終わりが近づいてます(ノω・、)

広告
 
コメントする

投稿者: : 01/03/2010 投稿先 一人旅:ドイツ

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中