RSS

「幸せのちから」試写会見てきました

20 1月

先週の話になります。
今日から公開の映画,ウィル・スミス主演の「幸せのちから(現題「The Pursuit of Happyness」)」,
試写会が当たったので行ってきました。同行者はおなじみめぐちん。

まずは日本版のテーマソングになっている
soweluの「幸せのちから」のPVを強制的に見させられます。
めぐちん:「あの頬が…頬肉のラインがちょっと…」
御意。美人さんだけどね。

内容は,サンフランシスコを舞台に,一文無しのホームレス暮らしから努力し,
無給のインターンを経て大手証券会社に入社(映画で描かれるのはココまで),
そして独立,億万長者へというアメリカンドリームを描いた,
ほぼ実話(原作はご本人)に基づいたストーリーでございます。
3月に行くサンフランシスコの予習(って昔のSFを見てどうすんだ)も兼ねて…。
それより,この映画は主人公の息子役をウィル・スミスの実の息子
ジェイデン君が演じてるとかで,よくわかんないけどとってもとっても話題作。

今回この記事を書くにあたり,原作者クリス・ガードナーさん,つまりご本人のwebサイトを閲覧。
えーと,ちょっと待ってね。
お父さんの名前:Christopher(映画の中ではクリスと呼ばれてた)
息子の名前:Christopher(映画の中ではクリストファーと呼ばれてた)ってどーいうこと?
文中にはChris Jr.とか書いてあるけど,非常に紛らわしい。
マギー司郎とマギー審司並みに紛らわしい。

映画の内容は,アメリカンドリーム達成を描いた,とありますが,
達成されてからの話は全体の1%,しかも文字でしか出ていません。
まあお約束ですね。ドラマになるのはいつもその「過程」
以下,感想です。
●教訓「早起きは三文の得」
●アメリカのホームレス支援対策はスゴイな。
●チャイナタウンの託児所って,安いんだね。
●バートのおトイレで眠るシーンは,ぐっと来るなぁ。
●彼が正社員の座をつかむまでの努力がすごかった。正に「蛍雪の功」って言葉がぴったり。
●最初はイラッときたけど,全体的に淡々と進むストーリーだった。
●最後はハッピーエンドなので,ちょっとホッとした。

余談ですが,TVのCMで息子が涙を流しているカットがありますが,
このシーン,なぜ涙を流しているのかというと,キャプ(以下ネタバレのため自粛)

…雰囲気壊れるので,書くのやめときます(笑)

広告
 
コメントする

投稿者: : 01/20/2007 投稿先 勝手な感想

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中