RSS

「錦織激団とおしゃれなノースリーブ」レポっちゅーか観劇雑感その2

23 11月

つづきです。
一晩経つとかなり忘れてしまって記憶が曖昧なので,適当に省きつつ。
「ここ違うよ!」というときはご一報下さい。

4)稽古初日つづき
ニカがおさぶちとジョーに舞台の経験は?と聞くと,二人ともない,と言う。
ニカ「ってことは僕が先輩??」急に態度が大きくなり,二人をアゴで使う。
おさぶち,ジョーが先を争ってニカの世話を焼く。
おさぶちの「それにしても純平さんってどんなヒトなんだろうな?」の問いに
ニカ暴言吐きまくる
「いっつも同じ服ばっか着ててさ。特にノースリーブなんておかしくて
ぺーやん登場。ホントにそのノースリーブ着用。
黒地のノースリーブの胸に白で激団のロゴ,背中に大きく「原宿」と書いてある。
団員に稽古着として使うようプレゼントするが,全員微妙にデザインがおかしい。
おさぶちのはロゴがへその前辺りにあり,ジョーにいたってはロゴが横になってる。

団員全員「こんなおしゃれなのは私服で着たいから,今は着るの止めとく」

おさぶちがうっかりぺーを「座長!」と呼んだのがえらく気に入ったらしく,
ぺーはその後自分を「座長!」と呼ぶことを強要する。
ぺ「団長,っていうのもおかしいだろう??」
「純平くん!」と呼んでしまったニカを怒る。

錦織激団には3つのルールがあるので,それを全員で復唱する。
?忘れた
?忘れた
?ぺー「一人はみんなのために!みんなは一人のために!
ONE FOR ALL!…むにゅむにゅ
ニカ「ALL FOR ONEでしょ!」
何度かやるが,やっぱり言えない。

5)稽古本編
ニカの「どんな芝居やるの?」の問いにぺーやん「何も考えてねえ」
みんなで考えることに。

(考え中…)
カフェのイメージかぺーやんが椅子に優雅に腰掛け,
昇平がエスプレッソカップを持たせる。

ニカ「あ,刑事モノは??」
ペー「うーん…(何か違うな,ってカンジ)」

再度考え中
ペー「あ,刑事モノは??」
昇平+ジョー「ああ!それいいね!」3人で盛り上がる!
「それ僕が言ったじゃん!」とその輪を追いかけるニカ。

?刑事モノ
誰が主役をやるか,と言う話合いで,
「織田裕二の口に似てるヤツ」=「クチ裕二」にしよう,ということに。
何かの弾みにぺーやんが似てる,ということになり,主役決定。
ぺーやんの「刑事物語,やってみよう!」の掛け声で舞台暗転。
その間,昇平がぺーやんに織田裕二仕様のコートを羽織らせる。

主役=くち裕二:ぺーやん
管理官:ジョー
強盗:おさぶち,ニカ
刃物を持ってる昇平とニカ。反対側の机には
ぺ「(無線マイクを持ってるつもり。かなり棒読みで)
管理官,犯人を包囲しました。捕まえちゃっていいすかー?」
ジ「ダメだ!応援が来るまで待つんだ!」
ぺ「だってー,そんなことしてたら犯人逃げちゃいますよー!」
ジ「だめだー!応援が来るまで待つんだー!」
ぺ「(これが言いたかった!と言わんばかりの待ちかねた様子で)
事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起こってるんだ~!
(無線マイクを「ちっ」と切り,満足げに客席を見回す)」
おさぶちがぺーやんに襲い掛かる。それを白刃取りで受け止めるぺーやんだが,
はさんだ刃物を振り払おうとすると,それが必ず後ろにいるニカに刺さる
3回ほど繰り返すも,すべてニカに刺さり,ニカ崩れ落ちる。
最後はぺーやんがあっさりおさぶちのの刃物を叩き落とし,逮捕。
「LOVE SOMEBODY/織田裕二」が流れ,全員スローで走り出す。

ニカ「ちょー!ちょっと待ってよ!音止めて~!これじゃおかしいよ。
何か話がおかしいって!」

(再び舞台暗転。全員で考え中…)
ぺーやんバスローブ着用。客席に背中を向けて座る。
昇平が左手にワイングラスを持たせ,ソムリエのように赤い液体をグラスに注ぐ。
それを揺らすぺーやん。

ニカ「あ,ヤクザモノは??」
ペー「うーん…(何か違うな,ってカンジ)」

再度考え中
ペー「あ,ヤクザモノは??」
昇平+ジョー「ああ!それいいね!」3人で盛り上がる!
「それ僕が言ったじゃん!」とまたその輪を追いかけるニカ。さっきと同じ展開。

?ヤクザモノ
主役は哀川翔に似てるヒトがやることに。
「ヤクザモノと言えば哀川翔!」らしい。
おさぶち立候補「ヤクザモノには思い入れがある!ぜひ俺に主役を!」
哀川翔のモノマネを,と言われてなぜか長渕のモノマネ。
「違うよ!」と突っ込まれるも,「このあと出てくるから」
長渕と哀川翔の絡みを演じているらしいが,一向に哀川翔のモノマネが出てこない。
長い長い長渕のセリフの後,一言だけ「はい!」と返事をしたのが哀川翔らしい。
全員でツッこむ。

その後各自モノマネするが,「な~るほど・ザ・ワールド!」「ハイ消えた~!」
愛川欽也と勘違いしている模様。
結局ここでもぺーやんのちょっとした仕草が「哀川翔だぁ!」ということで,
またぺーやんが主役をやることに。

主役:ぺーやん
子分:ジョー(いつもぺーやんの脇役としてピックアップ=贔屓にされている)
対立する組の組員:おさぶち(悪人顔だから),ニカ
ぺーやんを殺しに来た二階堂組のおさぶち,ぺーやんに銃を向けるも
なぜか白刃取りで押さえられ,それを振り回すたびにニカに当たる。
3発ほど当たったところで,ニカ崩れ落ちる。
ぺーやん暗殺に失敗したところで,また「LOVE SOMEBODY/織田裕二」が流れ,
全員スローで走り出す。

ニカ「ちょー!ちょっと待ってよ!音止めて~!これじゃおかしいよ。
何か話がおかしいって!」
さっきと同じ展開。

また全員で何をやるか考える。この後「時代劇」というアイデアが出て,
主役:ぺーやん
子分:ジョー
悪代官:おさぶち
越後屋:ニカ
で稽古をするが,同じ展開でやっぱりニカが斬られる。
ここでなぜかわるし登場。一緒になってニカを斬りつける。

だんだん自分の役回りに不満を覚えてきたニカ「主役やりたい」というと
ぺーやんが「透明人間モノ」で主役=透明人間役がある,という。
稽古を始めてみると,主役=透明人間なので,見えない設定の彼を無視して芝居は進む。

ニカ,キレる。
ニカ「ちょっと!何だよさっきからみんなでよってたかってボクのこと!
こんなの劇団じゃないよ!辞めてやる!」
ペー「おいおい待てよ。みんなは一人のために,一人はみんなのために。だろう?」
ニカ「イヤだ!こんな劇団,辞めてやる!!うっ!

頭を抱えうずくまるニカ。
大丈夫か?とみんなが集まってくるが,それを振り払い走り去るニカ
「何だよアイツ!」と呆れるぺーやんだが,
ジョー「このままでいいんですか!!最初からバラバラじゃないですか!
ボク,心配なんで見てきます!」ニカを追いかける
おさぶちも後を追う。

一人になったペーやん,客席に
「すいませんねヘンなヤツばっかりで,エヘヘ!ってみんな行っちゃうの~?
と行って3人が去った方向に向かって崩れ落ちる。舞台暗転。

6)ぺーやんちょっとだけソロ
照明が舞台中央のぺーやんを照らす。ギターを抱えている。
ぺーやん「錦織激団ですー。すいませんねちょっといろいろ揉めちゃってて,
ボク一人なんですけど,えーと,皆さんに歌のプレゼントを…」
弾き語り,というか何だかヘンな歌。
「ママ!もしボクが犯罪者になっても,抱きしめてくれますか~っ!」
って叫んでた。

=================================================
まだまだ続きます。とりあえず今夜はこの辺で。

広告
 
コメントする

投稿者: : 11/23/2006 投稿先 セレブプレイ

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中